オススメリンク

メニュー

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年7月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

関係者のための供養

永代供養を行う人の事情は、仕事の都合や生活地の違いなどで毎年供養を行うことができない人がほとんどです。
永代供養は、そういった事情を抱えている家族のために考えだされたプランであるが、身寄りがない人のための葬儀の仕方でもある。… Read more

供養のタイミング

永代供養は管理と供養を寺や墓地管理会社が行うものである。
供養は毎年の彼岸参りなどに代表されるものなど様々あるが、寺や管理会社、またはプランによってそれが変化してくる。… Read more

時代の変化

人間の社会は変化し続け、人生観も10年前と現在とはまったく違う考えになり、ジェネレーションギャップが生まれている。
それは世代間に様々な軋轢を生むことにも繋がっている。
現在30代の人が60代になる時の人生設計を行っていたとして、子供に自分の老後や死んだ後のことを色々と任せようと考えていたとする。
それが30年後は社会における制度の変化や人生観の変化によって、子供はその親の考えを受け入れる事が出来ない、または願いを叶えたくても叶えられない、ということは珍しいケースではない。
特に、葬儀やお墓に関することで世代間の変化は激しい。… Read more

永代供養の仕組み

永代供養とは、寺に墓の供養と管理を檀家が任せることができる制度である。
永代供養された墓のことは永代供養墓といわれる。
永代供養されると、その前は個別の墓に入っていた骨壷は、同じ墓の施設に入ることになる。
個別の墓よりも広く、その中には他人の骨壷も納骨されている。
このため、永代供養墓は共同墓、合祀墓とも呼ばれている。
身分の高い人や家系ごとに同じ墓に入る人々のために、墓を家のように建設することもあり、これを廟ともいうが、永代供養墓は大規模になることもあるので、永代供養「廟」と呼ばれることもある。… Read more

墓地のタイプ

御霊を慰めるためには、できるだけ良い環境を選びたい。
個別の墓の場合だけでなく、永代供養墓でもそれは同じことである。
永代供養墓を提供している寺や墓地管理は、それぞれ独自の永代供養墓の形を作っているので、どのタイプにするのか検討することができる。… Read more

納骨の種類

葬儀が終わり、火葬がなされると、骨壷に故人の骨を納めることになる。
永代供養が葬儀の際に決まっている場合は、納骨から一般の場合と異なる。… Read more